コラム インタビュー

Angiogenin is expressed in human dermal papilla cells and stimulates hair growth.

表題:
Angiogenin is expressed in human dermal papilla cells and stimulates hair growth.
アンジオジェニンはヒト毛乳頭細胞で発現し、毛髪成長を促進する。

著者名:
Zhou N, Fan W, Li M.

著者所属:
Department of Dermatology, The First Affiliated Hospital of Nanjing Medical University, Guangzhou Road 300, 210029 Nanjing, Jiangsu, China.

発行年数:
2009年2月


The perifollicular vasculature undergoes hair-cycle dependent expansion and degeneration. Multiple soluble factors derived from dermal papilla cells (DPCs) may act on surrounding blood vessels to influence angiogenesis, growth and differentiation, and thereby cyclic hair growth. The goal of this study was to examine the expression of angiogenin, a potent angiogenic factor, in human DPCs, and to determine its role in hair growth. Reverse transcription polymerase chain reaction (RT-PCR), western blotting, immunofluorescence and ELISA analyzes were used to investigate the expression of angiogenin in human DPCs, while semi-quantitative RT-PCR was used to assess angiogenin mRNA expression in murine skin phased at different stages of the hair cycle. We detected angiogenin expression in DPCs, where it was found to be localized to the cytoplasm. Angiogenin mRNA was expressed in murine skin in a hair-cycle dependent manner, with maximum levels observed at the late anagen. Local injection of angiogenin promoted skin angiogenesis and induced anagen VI. In vitro studies showed that angiogenin significantly enhanced the elongation of hair follicles, and stimulated DPCs and ORS keratinocytes to proliferate. Taken together, these findings show that angiogenin is expressed in human DPCs, where it might contribute to hair growth directly, by stimulating DPCs and ORS keratinocytes to proliferate, or indirectly, by inducing local vascularization.


毛包周囲の血管系はヘアサイクル依存的に拡大し、あるいは退化する。毛乳頭細胞に由来する数種の可溶性因子は血管周囲に働きかけ、アンジオジェニン、成長分化、及びそれに基づく周期性の毛髪成長に影響を与える。本研究の目的は、ヒト毛乳頭細胞内の強力な血管新生因子であるアンジオジェニンの発現を調べ、毛髪成長におけるその役割を明らかにすることである。逆転写ポリメラーゼ連鎖反応法(RT-PCR)、ウェスタンブロット、免疫蛍光測定法、及びELISA測定法を用いて、ヒト毛乳頭細胞内アンジオジェニンの発現を評価した。また、半定量RT-PCRを用いて、異なるヘアサイクルのステージにあるネズミの皮膚で発現するアンジオジェニンmRNAを測定した。毛乳頭細胞で発現するアンジオジェニンを探知したところ、細胞質に局在することが分かった。アンジオジェニンmRNAはヘアサイクル依存的にネズミの皮膚上で発現しており、特に成長期に最高濃度を示した。アンジオジェニンの局注は皮膚の血管新生を促進し、成長期VIに誘導した。in vitro実験ではアンジオジェニンは毛包の伸長を著しく高め、毛乳頭細胞とORSケラチノサイトの増殖を刺激した。総じて、これらの発見は、アンジオジェニンが毛乳頭細胞で発現し、そこで毛乳頭細胞とORSケラチノサイトを刺激し増殖させることで、もしくは間接的に局所の血管新生を引き起こすことで、毛髪成長に直接寄与していることを示している。


補足:
アンジオジェニン:血管新生を強力に誘導するタンパク質。

引用元:
Arch Dermatol Res. 2009 Feb;301(2):139-49.


上記文章はFMLの見解に基づくものであり、内容の正確性・完全性・有用性を保証するものではありません。また、その利用に当っては一切の責任を負いかねます。 > サイトポリシーへ

お問い合わせ

当サイトへのお問い合わせを承ります。

お問い合わせ

更新情報
Copyright(C)NPO F.M.L. All Rights Reserved.
RSS RSSについて プライバシーポリシー サイトポリシー