コラム インタビュー

Association of androgenetic alopecia with smoking and its prevalence among Asian men: a community-based survey.

表題:
Association of androgenetic alopecia with smoking and its prevalence among Asian men: a community-based survey.
男性型脱毛症と喫煙の関連性、及びアジア人男性における男性型脱毛症の発症率(a community based survey)

著者名:
Su LH, Chen TH.

著者所属:
Department of Dermatology, Far Eastern Memorial Hospital, Taipei, Taiwan.

発行年数:
2007年11月


OBJECTIVES: To evaluate the association of androgenetic alopecia (AGA) with smoking and to estimate its prevalence among Asian men.
DESIGN: Population-based cross-sectional survey.
SETTING: Tainan County, Taiwan.
PARTICIPANTS: The eligible population consisted of all male residents 40 years or older in Tainan County. A total of 740 subjects aged 40 to 91 years participated in the survey between April 10, 2005, and June 12, 2005.
MAIN OUTCOME MEASURES: Norwood and Ludwig classifications were used to assess the degree of hair loss. Information on smoking, together with other possible risk factors and age at onset of AGA, was collected using a questionnaire interview.
RESULTS: After controlling for age and family history, statistically significant positive associations were noted between moderate or severe AGA (Norwood types > or =IV) and smoking status (odds ratio [OR], 1.77; 95% confidence interval [CI], 1.14-2.76), cigarette smoking of 20 cigarettes or more per day (OR, 2.34; 95% CI, 1.19-4.59), and smoking intensity (OR, 1.78; 95% CI, 1.03-3.07). The OR of early-onset history for AGA grades increased in a dose-response pattern. Risk for moderate or severe AGA increased for family history of first-degree and second-degree relatives, as well as for paternal relatives.
CONCLUSIONS: The age-specific prevalence of AGA in Taiwan was compatible to that among Korean men but was lower than that among persons of white race/ethnicity. Smoking status, current amount of cigarette smoking, and smoking intensity were statistically significant factors responsible for AGA after controlling for age and family history. Patients with early-onset AGA should receive advice early to prevent more advanced progression.


目的:男性型脱毛症(AGA)と喫煙の関連性を検討する。また、アジア人男性における男性型脱毛症発症率を評価する。
方法: Population-based cross-sectional survey
環境:台湾国台南
参加者:台湾在住の40歳から91歳までの男性740名を対象に調査を行った。本調査は2005年4月10日から6月12日にかけて実施された。
測定方法:脱毛進行度を、Norwood分類と Ludwig分類で評価した。喫煙、その他のリスクファクター、AGAが発症した年齢に関する情報を、面接とアンケートにより収集した。
結果:年齢や家族歴を調整した上で統計処理を行ったところ、中等度以上のAGA(Norwood分類IV以上)と、喫煙、喫煙本数、及び喫煙強度との間に高い関連性が認められた。その際のodds ratio [OR]、及びconfidence interval [CI]はそれぞれ[OR],1,77、2.34、1.78、[CI] 1.14-2.76、1.19-4.59、1.03-3.07であった。AGA進行度に対する早期発症歴の[OR]は、喫煙により用量依存的に増加した。中程度以上のAGAを発症するリスクは、一世代等、及び二世代等のAGAの家族歴(父系の血縁関係におけるAGAの家族歴も含む)に対応して増加した。
結論:台湾における年齢別AGA罹患率は、韓国人男性と同程度、白色人種より低い値を示した。年齢や家族歴を考慮した上で、AGAと喫煙率、喫煙本数、及び喫煙強度との関連性を検討したところ、これらがAGAに大きな影響を与えていることが分かった。早期にAGAが始まった患者には、進行を抑えるためのアドバイスをするべきである。


引用元:Arch Dermatol. 2007 Nov;143(11):1401-6.


上記文章はFMLの見解に基づくものであり、内容の正確性・完全性・有用性を保証するものではありません。また、その利用に当っては一切の責任を負いかねます。 > サイトポリシーへ

お問い合わせ

当サイトへのお問い合わせを承ります。

お問い合わせ

更新情報
Copyright(C)NPO F.M.L. All Rights Reserved.
RSS RSSについて プライバシーポリシー サイトポリシー