コラム インタビュー

Characteristic features of Japanese women’s hair with aging and with progressin hair loss.

表題:
Characteristic features of Japanese women’s hair with aging and with progressin hair loss.
老化、及び進行性脱毛症を伴う日本人女性の毛髪の特徴

著者名:
Tajima M, Hamada C, Arai T, Miyazawa M, Shibata R, Ishino A.

著者所属:
Shiseido Research Center, 2-2-1 Hayabuchi, Tsuzuki, Yokohama 224-8558, Kanagawa, Japan.

発行年数:
2007年2月


BACKGROUND: There have been few studies of the features of hair with aging and hair loss in Japanese women. OBJECTIVE: Features of Japanese women’s hair with aging and with progressing hair loss were investigated. METHODS: Japanese women with hair loss (n=46) or with no or less hair loss (n=113), aged 14-68 years, were studied. Severity of hair loss was rated by visual comparison with six standard photographs. Hair density, hair growth rate, and hair diameter were analyzed by phototrichogram. Follicular units were deduced by a non-invasive method using tree-view analysis on scalp imaging. RESULTS: Hair loss in Japanese women is commonly characterized by a diffuse central pattern occurring after approximately 40 years of age. Hair density declines with age after the 40s. The reduction resulted from an increase in the number of one-haired follicular units and a reduction of three- and more-haired follicular units. Both the ratio and the growth rate of anagen hair also declined with age after the 40s. Mean hair diameter and the ratio of thick hairs increased with age from about 10 to 40 years, and decreased with progressing hair loss. There were few vellus-like hairs in women with hair loss, in comparison with male-pattern baldness. CONCLUSION: In Japanese middle-aged women, hair density declined with age without the appearance of hair loss. Hair loss appeared after approximately 40 years of age. The major causes might be reduction of hair density and the ratio of thick hairs, but not an increase of vellus-like hairs.


背景:老化、及び脱毛症を伴う日本人女性の毛髪の特徴についてはほとんど研究されていない。

目的:老化、及び進行性脱毛症を伴う日本人女性の毛髪の特徴について検討する。
方法:脱毛症症状を示す女性46名、及び脱毛症症状を示さない、もしくはほとんど示さない女性113名に対して実験を行った。年齢は14~68歳であった。脱毛の重症度を、6つの基準となる写真を用いた視覚的な比較試験によって分類した。毛髪密度、毛髪成長速度、及び毛髪の直径はフォトトリコグラム法により分析した。毛包数は頭皮イメージングに基づくtree-view分析によって非浸襲的に推定した。

結果:日本人女性の脱毛は一般的に40歳前後から発症し、びまん性の中央型脱毛症状を示す。毛髪密度は40代以降年齢とともに減少する。この減少は、1本の毛髪しか生えない毛包の数が増え、複数本の毛髪が生える毛包が減少することに起因する。成長期毛の比率、及び成長速度はともに40代以降減少する。10~40歳では平均の毛髪直径、及び硬毛の割合は年齢の増加に伴い増加した。またそれらは脱毛症の進行に伴い減少した。男性型脱毛症と比較すると脱毛症の女性では軟毛はほとんど観察されなかった。

結論:日本人の中年女性では、脱毛症の症状がなくても年齢の増加に伴い毛髪密度が減少した。また、脱毛症は40歳以降に発症するようである。主要因は毛髪密度の減少、硬毛の減少であると考えられる。ただし軟毛の顕著な増加は認められなかった。

引用元:
J Dermatol Sci. 2007 Feb;45(2):93-103. Epub 2006 Dec 11.


上記文章はFMLの見解に基づくものであり、内容の正確性・完全性・有用性を保証するものではありません。また、その利用に当っては一切の責任を負いかねます。 > サイトポリシーへ

お問い合わせ

当サイトへのお問い合わせを承ります。

お問い合わせ

更新情報
Copyright(C)NPO F.M.L. All Rights Reserved.
RSS RSSについて プライバシーポリシー サイトポリシー