コラム インタビュー

Cytokines and growth factors influence hair growth in vitro. Possible implications for the pathogenesis and treatment of alopecia areata.

表題:
Cytokines and growth factors influence hair growth in vitro. Possible implications for the pathogenesis and treatment of alopecia areata.
サイトカイン、および成長因子はin vitroにおいて毛髪成長に影響を与える。薄毛病態、及び治療に対する関与の可能性。

筆者名:
Hoffmann R, Eicheler W, Huth A, Wenzel E, Happle R.

著者所属:
Department of Dermatology, Philipp University, Marburg, Germany.

発行年数:
1996年3月


Factors that influence the growth of the anagen hair follicle or initiate the switch to a catagen growth pattern have so far not been definitely determined, but there is increasing evidence that cytokines and growth factors play an important role during these processes. Recently we detected an aberrant in situ expression pattern of cytokines of the Th1 type (IFN gamma, IL-2) plus IL-1 beta expression in untreated alopecia areata (AA), and a switch to high levels of IL-10 TGF-beta 1 expression after successful treatment with the contact allergen diphenylcyclopropenone (DCP). Hence the question arose as to whether cytokines are able to arrest hair growth and whether IL-10 or TGF beta 1 have the capacity to antagonize this process. Using whole-organ cultures of microdissected human hair follicles we studied the effect of a panel of cytokines and growth factors on hair growth and on the gross morphology of the hair follicles in vitro. IL-2, IL-10 and IFN-gamma had no effect in this regard, whereas TGF beta 1 partially inhibited hair growth and EGF, TNF alpha and IL-1 beta completely abrogated it. EGF and TNF alpha induced the formation of a club-like hair follicle, similar to catagen morphology of the hair bulb, whereas hair follicles grown in the presence of IL-1 beta or TGF beta 1 showed no particular morphological changes. We conclude that cytokines and growth factors are pivotal regulators of hair growth at least in vitro. IL-1 is suggested as playing an important role during the pathogenesis of AA. Possible mediators of therapeutic contact dermatitis (IL-10, TGF beta 1, TNF alpha, PGE2) are, at least in vitro, not able to antagonize the IL-1 beta-triggered hair growth inhibition. Therefore, we infer that these mediators rather "modulate’ the immune response in AA.


成長期毛の成長に影響を与える因子、及び休止期毛の成長パターンを切り替える因子は長い間決定づけられてこなかった。しかし本プロセスにおいて、サイトカイン、及び成長因子が重要な役割を担っていることを示す根拠が増加しつつある。 近年我々は、未処置の円形脱毛症におけるin situ実験で、Th1型サイトカイン (IFN γ、 及びIL-2) の発現パターンや、IL-1βの発現に異常があることを確認した。さらに接触性アレルギー物質であるジフェニルシクロプロフェノンを用いた治療により、IL-10 、及びTGF β1の発現が高レベルに切り替わる事を確認した。 そこでサイトカインは髪の成長を阻害しうるか、また、IL-10、及びTGF β1 はこの過程に拮抗しているのかという疑問が浮上した。 顕微解剖したヒト毛包の全臓器培養物を用いて、サイトカインと成長因子の毛髪成長に対する効果、及びin vitroにおける毛包形態への作用について検討した。その結果、 IL-2、 IL-10、及びIFN- γ はいかなる効果も有しなかった。一方、 TGFβ1 は部分的に、さらに EGF、TNF α 、及びIL-1 β は補完的に毛髪の成長を阻害した。 EGF、及びTNF αは、休止期に似た毛球の形態であるこん棒状の毛包形成を誘導した。一方、 IL-1 β、またはTGF β1存在下では、毛包成長の形態学的変化は現れなかった。このことから我々は、サイトカイン、及び成長因子はin vitroにおいて毛髪成長の中心的制御因子であると結論づけた。 また、IL-1 は円形脱毛症の病変において重要な役割を担っていることが示唆された。接触性皮膚炎治療時のメディエーターであるIL-10、 TGF β1、 TNFα、及びPGE2は、少なくともin vitroにおいては、IL-1 誘導性の毛髪成長阻害に拮抗することはできない。それゆえ我々は、これらメディエーターは円形脱毛症の免疫反応を調整していると推測する。

引用元:
Arch Dermatol Res. 1996 Mar;288(3):153-6.


上記文章はFMLの見解に基づくものであり、内容の正確性・完全性・有用性を保証するものではありません。また、その利用に当っては一切の責任を負いかねます。 > サイトポリシーへ

お問い合わせ

当サイトへのお問い合わせを承ります。

お問い合わせ

更新情報
Copyright(C)NPO F.M.L. All Rights Reserved.
RSS RSSについて プライバシーポリシー サイトポリシー