コラム インタビュー

Systematic approach to hair loss in women.

表題:
Systematic approach to hair loss in women.
女性脱毛症に対する系統的アプローチ

著者名:
Trueb RM.


著者所属:

Department of Dermatology, University Hospital of Zurich.

発行年数:
2010年1月22日


Diffuse hair loss is a common complaint and cause of significant emotional distress particularly in women. The best way to alleviate the anxiety is to effectively treat the hair loss. It is paramount to address the symptom systematically. In addition to its psychological impact, hair loss may be a manifestation of a more general medical problem. The diagnosis can be established with a detailed patient history focussing on chronology of events, examination of the scalp and pattern of hair loss, a pull test with examination of bulbs of shed hairs, trichoscopy, and few pertinent screening blood tests. In selected cases a scalp biopsy may be required. The most important differential diagnoses include acute and chronic telogen effluvium, female pattern hair loss, and diffuse alopecia areata. Occasionally, patients seeking advice are not necessarily losing hair. In the absence of convincing evidence of hair loss, they are suffering of psychogenic pseudoeffluvium, and thought should be given to an underlying psychological disorder. Once the diagnosis is established, treatment appropriate for that diagnosis is likely to control the hair loss. Finally, appropriate psychological support and education about the basics of the hair cycle, and why patience is required for effective cosmetic recovery, are essential to help limit patient anxiety.


びまん性脱毛症は女性が共通に訴える症状であり、大きな精神的ストレスの原因になっている。この不安を緩和する最善の策は脱毛症の効果的な治療であり、そのための系統的な診断が重要である。さらに脱毛症はこの様な精神的影響のみでなく、より一般的な疾患の兆候になりうる。診断は、時系列でみた事象、頭皮検査、及び脱毛パターンに焦点をあてた患者の細かい病歴と、抜け毛の毛球検査、トリコスコピー、及び少数患者における適切な血液スクリーニング試験を伴うpull testによって行った。また、必要に応じて頭皮生検も行った。最も重要なのは、急性、及び慢性休止期毛剥離、女性型脱毛症、びまん性円形脱毛症の違いを診断することである。時折、脱毛症を発症していない患者が助言を求めてくることがある。確かな脱毛症症状が認められない場合は精神性の偽性脱毛症であり、根底にある精神疾患を思慮すべきである。一度診断が確立されれば、脱毛症はその診断結果に基づいた治療によって制御される可能性が高い。患者の不安を抑える上で最終的に重要なことは、適切な精神的サポートやヘアサイクルに関する基本的な教育を行い、根気よく回復を待たなければならない理由を伝えることである。


補足:
本論文は女性脱毛症の原因、診断、および治療方法について系統的にアプローチしたレビュー形式の論文であり、女性脱毛症の概要理解に役立つと思われる。

引用元:
J Dtsch Dermatol Ges. 2010 Apr;8(4):284-97, 284-98. Epub 2010 Jan 22.


上記文章はFMLの見解に基づくものであり、内容の正確性・完全性・有用性を保証するものではありません。また、その利用に当っては一切の責任を負いかねます。 > サイトポリシーへ

お問い合わせ

当サイトへのお問い合わせを承ります。

お問い合わせ

更新情報
Copyright(C)NPO F.M.L. All Rights Reserved.
RSS RSSについて プライバシーポリシー サイトポリシー