コラム インタビュー

IFN-gamma-induced HLA-DR but not ICAM-1 expression on cultured dermal papilla cells is downregulated by TNF-alpha.

表題:
IFN-gamma-induced HLA-DR but not ICAM-1 expression on cultured dermal papilla cells is downregulated by TNF-alpha.
培養毛乳頭細胞におけるIFN-γ誘導性のHLA-DR発現はICAM-1 発現と異なり、 TNF- αによって下方制御される。

著者名:
Konig A, Happle R, Hoffmann R.

著者所属:
Department of Dermatology, Philipp University, Marburg, Germany.

発行年数:
1997年7月


The immune response present in untreated alopecia areata (AA) is characterized by overexpression of ICAM-1 and MHC molecules on dermal papilla cells of affected hair follicles and by a distinct cytokine pattern. After successful treatment with the potent contact allergen diphenylcyclopropenone (DCP), adhesion molecules are downregulated and a reversed pattern of cytokines is expressed. To determine which cytokines may be involved in this process we studied the expression and modulation of ICAM-1 and MHC class I and II molecules on cultured dermal papilla cells. Scalp biopsies were obtained from healthy donors and dermal papillae were isolated. The cells were treated with various cytokines and prostanoids. The surface molecules were labeled with FITC-conjugated antibodies, and the expression levels were quantified by FACScan analysis. Incubation with IFN-gamma led to a time-dependent upregulation of the surface molecules studied. IL-1 beta and TNF-alpha synergistically increased the expression of ICAM-1, but they failed to induce MHC molecules. However, both cytokines significantly reduced the IFN-gamma-induced HLA-DR expression. Pretreatment of cells with the cyclooxygenase inhibitor diclofenac, prostanoids, IL-10 or TGF-beta 1 did not alter the constitutive or IFN-gamma-elicited expression of surface molecules. A neutralizing anti-IL-1 beta-antibody did not affect any cytokine-induced changes. We conclude that with regard to surface molecules we can partly initiate in vitro the situation of AA in vivo. Moreover, our results suggest that TNF-alpha, which is markedly increased under DCP treatment, might be an effector of the therapeutic response in AA.


未治療の円形脱毛症における免疫反応は、毛包の毛乳頭細胞におけるICAM-1 とMHC分子の過剰発現、及び異なるサイトカインパターンによって特徴づけられる。接触性アレルギー物質であるジフェニルシクロプロフェノン(DCP)を用いた効果的な治療を施すと、接着因子は下方制御され、サイトカイン発現パターンは逆転する。どのサイトカインがこの過程に関与しているのかを決定するために、我々はICAM-1、MHC class Ⅰ 、及びMHC class Ⅱ 分子の培養毛乳頭細胞における発現、及び制御について検討した。頭皮生検を健常者より採取し、毛乳頭細胞を分離した。細胞を様々なサイトカインとプロスタノイドで処理した。表面分子はFITC結合抗体でラベルし、発現レベルはFACScan分析によって定量した。 その結果、IFN-γ とのインキュベーションにより表面分子は時間依存的に発現が増加した。 IL-1 βとTNF- α はICAM-1発現を相乗的に増加させたが、それらはMHC 分子を誘導しなかった。ところが、両サイトカインはIFN- γ 誘導性のHLA-DR 発現を有意に減少させた。シクロオキシゲナーゼ阻害剤であるジクロフェナク、プロスタノイド、IL-10、またはTGF β1を用いた細胞の前処理による、恒常的な、あるいはIFN- γ 介在性の表面分子発現量の変化は認められなかった。 IL-1β中和抗体はいかなるサイトカイン誘導の変化も引き起こさなかった。我々はin vitro 、及びin vivoの円形脱毛症状態において部分的な惹起が表面分子と関連して起こると結論付けた。さらに我々の結論はDCP処理により大幅に増大するTNF- αが、円形脱毛症治療反応における作動体であることを示唆するものである。


補足:
HLA-DR:MHCクラスⅡ抗原の一種。B細胞や単球、活性化T細胞などの細胞表面マーカーとして応用される。
ICAM-1:免疫系細胞の相互作用を調節する接着分子。常時、血管内皮や線維芽細胞に発現しており、炎症性サイトカイン刺激により増強。

引用元:
Arch Dermatol Res. 1997 Jul;289(8):466-70.


上記文章はFMLの見解に基づくものであり、内容の正確性・完全性・有用性を保証するものではありません。また、その利用に当っては一切の責任を負いかねます。 > サイトポリシーへ

お問い合わせ

当サイトへのお問い合わせを承ります。

お問い合わせ

更新情報
Copyright(C)NPO F.M.L. All Rights Reserved.
RSS RSSについて プライバシーポリシー サイトポリシー