コラム

米エール大学研究チームが発毛のスイッチを入れる物質を発見

体に発毛させるスイッチを入れる物質を、米エール大学の研究チームがマウスを使った実験で発見した。

幹細胞が分裂や変化を繰り返して動物の毛が発毛することはわかっていたが、何をきっかに幹細胞が変化するのかがこれまで解明されていなかった。
毛根の周囲にある「脂肪前駆細胞」に着目すると、毛が成長する直前に脂肪前駆細胞の数が増えていた。そこで脂肪前駆細胞ができないようマウスの遺伝子を操作すると、毛は成長しなかった。

この脂肪前駆細胞の働きを調べたところ、この細胞が作る「PDGF」というたんぱく質が、毛の幹細胞に作用して毛が生えはじめることがわかった。

今回はマウスの実験であるが、人間にも同じような働きがあるかどうか研究を進めていくようだ。

詳細はこちら (ScienceDirect-Cell)

お問い合わせ

当サイトへのお問い合わせを承ります。

お問い合わせ

更新情報
Copyright(C)NPO F.M.L. All Rights Reserved.
RSS RSSについて プライバシーポリシー サイトポリシー