コラム 研究開発コラム

第7回 World Congress for Hair Research (WCHR)

5月4日~6日、エジンバラ(イギリス)で第7回World Congress for Hair Research (WCHR)が開催されました。

エジンバラ城を眺める国際会議場で、世界中から集まった医師や研究者が、脱毛症及び毛髪に関する研究成果を発表しました。3日の学会期間中に約250の発表演題があり、このうち男性型脱毛症に関連する発表も25演題ありました。

Fml2013051501_2NPO法人F.M.L.からは、小山太郎医師(城西クリニック)が「白血球テロメア長と男性型脱毛症の関連性」と題した研究についてポスター発表を行ってきました。小山医師は、「伸展刺激が毛乳頭細胞に与える影響の解析-毛髪再生医療におけるメカノバイオロジーの可能性-」と題する日本医科大学形成外科小川令先生、株式会社アンファーとの共同研究についても発表されました。

男性型脱毛症の治療に目を向けると、現在、世界中で用いられているのは5α-還元酵素Ⅱ型阻害薬であるフィナステリドと、ATP 感受性カリウムチャネル openerであるミノキシジルの2剤です。ヘアサイクルの研究や、男性型脱毛症の発症機序の研究がさらに進めば、この2剤と並ぶほど効果の高い治療薬が将来現れてくるかもしれません。

F.M.L.では今後も独自の研究と、大学病院と連携した共同研究の双方を継続するとともに、国内外の学会に参加し最新の情報収集に努めてまいります。
(F.M.L.スタッフ)

Fml2013051502_2

 

 

 

お問い合わせ

当サイトへのお問い合わせを承ります。

お問い合わせ

更新情報
Copyright(C)NPO F.M.L. All Rights Reserved.
RSS RSSについて プライバシーポリシー サイトポリシー