コラム 研究開発コラム

第8回 World Congress for Hair Research

Fml052900

5月14日~5月17日、韓国の済州島で第8回World Congress for Hair Researchが開催されました。本学会で、我々は継続して研究発表を行ってきています。

Fml052901_3

今回は、老化のパラメーターの一つである白血球のテロメア長と男性型脱毛症の進行の関係性について報告してきました。昨年も同様の解析を行い発表していますが、今回、対象の年齢層を変更し、検体数を増やして解析した結果を報告しました

老化の指標の一つと言われる白血球テロメア長ですが、若年層の脱毛症の進行との間に明らかな関連性は見いだされませんでした。男性型脱毛症が加齢に伴い進行することは周知の事実です。加齢に伴う男性型脱毛症の進行には、従来からの報告通り男性ホルモンの関与が大きく、加齢そのものによる遺伝子の変化、あるいは細胞の老化の影響は少ないことを示唆した解析結果であると考えています。

Fml052902_3

本発表の他に、パゾパニブという新しい抗がん剤と、その副作用としての毛髪の変化について、小林英介先生(国立がん研究センター中央病院骨軟部腫瘍科)と共同発表をしてまいりました。

今後も、頭髪外来の診療の向上、男性型脱毛症治療の更なる進歩のため、クリニックでの研究、他施設との共同研究を継続し、学会での情報交換に努めてまいります。

小山太郎 FML理事

お問い合わせ

当サイトへのお問い合わせを承ります。

お問い合わせ

更新情報
Copyright(C)NPO F.M.L. All Rights Reserved.
RSS RSSについて プライバシーポリシー サイトポリシー