コラム 研究開発コラム

第24回日本形成外科学会基礎学術集会

日本形成外科学会基礎学術集会

10月8日、9日と盛岡で開催された第24回日本形成外科学会基礎学術集会に参加してまいりました。形成外科は、「植毛」治療など毛髪との馴染みの深い科の一つです。私は、「超高分解能頭皮MRIを用いた男性型脱毛症の画像診断に関する研究」について口演発表を、また「頭皮マッサージが毛髪に及ぼす影響の検討」についてポスターでの発表をしてまいりました。前者は防衛医科大学校放射線講座の曽我茂義先生との共同研究、後者はアンファー株式会社と日本医科大学形成外科小川令先生との共同研究です。

小川先生と

毛髪をテーマにした研究としては、佐藤有里先生(聖マリアンナ医科大学形成外科学 幹細胞再生医学(アンファー寄附)講座)の「男性型脱毛症の遺伝子診断系の評価」が大変興味深かったです。抜いてきた毛に付着する細胞の特定の遺伝子発現強度に注目して男性型脱毛症の進行リスクを予測するという研究です。

今回、学会期間中に岩手医大薬学部薬物代謝動態学講座教授である小澤正吾先生と面会する機会を得ました。先生には、3年前にクリニックの勉強会で薬物の代謝に深く関わっている各種の転移酵素について講演頂いた事があります。今回の面会では、我々が診療で用いている薬物治療の効果を上げるための工夫や、薬物治療による発毛効果を予測する検査の開発など、新しい研究を開始できないか意見交換することができました。

小澤先生と >>>薬物代謝に関わる転移酵素の勉強会のページへ

今後、情報収集に努め、患者様の治療に還元できるような新しい研究に取り組んでまいります。

小山太郎(NPO法人F.M.L.理事、メンズヘルスクリニック東京)

お問い合わせ

当サイトへのお問い合わせを承ります。

お問い合わせ

更新情報
Copyright(C)NPO F.M.L. All Rights Reserved.
RSS RSSについて プライバシーポリシー サイトポリシー