コラム インタビュー

6th World Congress for Hair Research(第6回国際毛髪研究学会)

 7月16日~19日、オーストラリアのケアンズにて6th World Congress for Hair Research(第6回国際毛髪研究学会)が開催された。世界中の毛髪研究、脱毛症研究の権威が一堂に会し最新の研究成果や治療方法を披露し議論を交わした。我々F.M.L.も二演題を発表してきたが、ここでは筆者が特に興味を感じた女性の脱毛症に対する5α-還元酵素阻害剤投与に関する発表について紹介したい。

1. Clinical experience of dutasteride in the treatment of female pattern hair loss ↓
2. Effects of finasteride on female pattern hair loss ↓
3. Finasteride 1.25mg for female pattern hair loss ↓

 女性の脱毛症に対する5α-還元酵素阻害剤の投与については、大規模な臨床治験では現在のところその効果は証明されていない。今回のこれらイギリス、カナダ、韓国からの3つの報告はいずれも、その投与量によっては女性の脱毛症患者において発毛効果が認められたという報告であった。
 今回の学会で4演題の発表を行ったブラジルのDr. Ademirも、女性の脱毛症への5α-還元酵素阻害剤の投与に発毛効果を実感しているとの個人的見解を示していた。また韓国Yonsei大学皮膚科教授のDr. Leeは、「女性患者への5α-還元酵素阻害剤の投与は医師の裁量に任せるべき」との発言を行っていた。
 脱毛症においては、エビデンスに基づく治療を軸にした複合的な治療が必要であり、その判断には毛髪および脱毛症治療への深い理解と経験が必要となる。
 F.M.L.は今後も学会活動を通じて毛髪、脱毛症の最新情報を吸収し患者様に還元するとともに、独自の研究開発や世界へ向けての情報発信も続けていきたい。


1. Clinical experience of dutasteride in the treatment of female pattern hair loss

?Dr Lindsay Atkinson, Brighton General Hospital, United Kingdom
?Dr Paul Farrant, Brighton General Hospital, United Kingdom
?Dr David Fenton, St John’s Institute of Dermatology, United Kingdom

_1 Dutasteride is an antiandrogen that inhibits both 5α-reductase isoenzymes 1 and 2, reducing conversion of testosterone to dihydrotestosterone. Dutasteride is not licensed for female pattern hair loss but there are anecdotal reports of its successful use in the treatment of female and male pattern hair loss. A retrospective questionnaire was sent to 28 female patients prescribed dutasteride for female pattern hair loss to evaluate efficacy and side effects, of whom 20 responded and 19 had taken the medication. Out of 12 patients who took this treatment for more than twelve months, eight were either very satisfied (4) or somewhat satisfied (4). Ten patients noticed a decrease in hair loss, of whom eight noticed some hair re-growth. Two patients noticed reduced hirstutism, one of whom found that the improvement was not maintained in spite of continuing the medication. Of those four patients who had been on the medication 24 months or longer, three reported they were very satisfied and one somewhat satisfied. Seven patients took the dutasteride for less than one year. In these cases, the reasons given for stopping were lack of effect in four cases, and side effects in four cases. The commonest side effects in all groups were breast tenderness (5), loss of libido (4), and weight change (2). These results support the anecdotal evidence for the use of dutasteride in the treatment of female pattern hair loss. Further well constructed randomised control trials, with objective measures of hair density and regrowth are needed to fully evaluate this treatment.

女性の脱毛症治療におけるデュタステライドの臨床経験

デュタステリドは5α還元酵素I型とII型の双方を阻害し、テストステロンからジヒドロテストステロンへの変換を抑える抗男性ホルモン薬である。デュタステリドは女性型脱毛症の治療には承認されていないが、女性型および男性型脱毛症の治療において有効であるとの症例報告が存在する。
女性型脱毛症治療のためデュタステリドの処方を受けた28名の患者にretrospectiveにアンケートを実施し、有効性および副作用に関する評価を行った。28名中20名で回答があり、うち19名が薬を服用していた。12か月以上治療を続けた患者は12名で、うち8名は非常に満足した、またはやや満足したという結果であった。また10名が抜け毛の減少を実感しており、8名の患者は発毛を実感していた。2名の患者では多毛症の緩和が見られたが、そのうちの1名は薬の服用を続けたにもかかわらず症状改善は維持されなかった。24ヶ月以上薬の服用を続けた患者は4名で、うち3名が非常に満足、またはやや満足との報告をした。
服用が1年未満であった7名の患者の服用中止理由としては、有効性が見られなかったケースが4名、副作用が見られたことケースが4名であった。副作用で多かったものは、乳房の圧痛、性欲減退、そして体重変化であった。
これらの結果は、女性型脱毛症治療におけるデュタステリド使用に関するエビデンスを支持するものである。ただし正確な評価には、毛髪密度や発毛に対する客観的尺度を用いたランダム化対照試験が必要となる。

ページトップへもどる↑


2. Effects of finasteride on female pattern hair loss

・Dr Lisa Chan, Department of Dermatologyand Skin Science, UBC and Cathay General Hospital , Taipei, Taiwan, Canada
・Dr Assaf Monselise, Department of Dermatology and Skin Science, UBC, Canada
・Dr Abdullah Alkhalifah, Department of Dermatology and Skin Science, UBC, Canada
・Dr Nina Otberg, Department of Dermatologyand Skin Science, UBC, Canada
・Dr Isabel Restrepo, Department of Dermatologyand Skin Science, UBC, Canada
・Dr Kevin McElwee, Department of Dermatologyand Skin Science, UBC, Canada
・Dr Jerry Shapiro, Department of Dermatologyand Skin Science, UBC, Canada

_2 Objective: There is limited data regarding treating female pattern hair loss with finasteride. The objective of this project is to evaluate the efficacy of finasteride in treating female pattern hair loss using self assessment, global photography and Folliscope.
Methods: Thirty patients with female pattern hair loss , aged 29-67, took finasteride 2.5mg per day for 9 to 12 months. The effects were evaluated by the investigators and the patient herself. A new computer software-assisted phototrichogram (Folliscope, LeadM corporation, Seoul, Korea) is available to assess hair density and caliber. The hair caliber and hair density were recorded at baseline and the end of treatment course. The hair coverage is defined by hair caliber times hair density.
Results: There is a trend of increasing or at least maintaining hair coverage in more than half of the patients on finasteride.
Conclusions: Our result showed that finasteride is effective in maintaining or increasing hair coverage in female pattern hair loss. Folliscope appears to be a useful tool in evaluating treatment result for hair diseases.

女性の脱毛症に対するフィナステリドの効果

目的:
フィナステリドによる女性型脱毛症の治療に関する知見は限られている。本研究では、自己評価、写真、及びFolliscopeを用いて女性型脱毛症治療におけるフィナステリドの有効性を評価した。

方法:
29才から67才の女性型脱毛症患者30名に9か月から12カ月間にわたり、1日用量2.5mgのフィナステリドを投与した。治療効果を医師および患者自身による主観的評価とフォトトリコグラム(Folliscope, LeadM corporation, Seoul, Korea)による毛髪密度と毛髪内径の測定で評価した。毛髪内径および密度は治療開始時、及び治療終了時に測定した。毛髪被覆率は毛髪内径×毛髪密度と定義した。

結果:
半分以上の患者において、フィナステリドによる毛髪被覆率の増加または維持が確認された。

結論:
本結果はフィナステリドが女性型脱毛症患者における毛髪被覆率の維持、または増加に有効であることを示唆している。またFolliscopeが、毛髪疾患に対する治療結果を評価するのに有用であることも示された。

ページトップへもどる↑


3. Finasteride 1.25mg for female pattern hair loss

・Moon-Bum Kim, Department of Dermatology, College of Medicine, Pusan National University, Korea
・Margaret Song, Department of Dermatology, College of Medicine, Pusan National University, Korea
・Hyun-Chang Ko, Department of Dermatology, College of Medicine, Pusan National University, Korea
・Su-Han Kim, Korea

_3 Background: Finasteride, a type II selective 5α-reductase inhibitor, decreases serum and scalp dihydrotestosterone. Finasteride 1.0mg daily is effective in the treatment of male pattern baldness, but lacks efficacy in female pattern hair loss.
Objectives: To evaluate the efficacy of finasteride 1.25mg daily in patients with female pattern hair loss in Korea.
Method: Fifteen women diagnosed with female pattern received finasteride 1.25mg daily for 28 week period. Efficacy was evaluated by global photograph, scalp hair counts, scalp hair thickness, and patient and investigator assessment at baseline, week 4, 8, 12, 20, and 28.
Result: The scalp hair count and scalp hair thickness showed some tendency of improvement but without statistical significance. More than half of the patients showed no change without further hair loss at week 28. The finasteride was well tolerated and no adverse reaction to the drug was reported.
Conclusion: In patients with female pattern hair loss finasteride 1.25mg/day for 28 weeks did not show significant increase in hair growth but slow downed the progression of hair loss and maintained the hair thickness.

女性の脱毛症に対する1.25 mgフィナステリド

背景:
フィナステリド(5α-還元酵素II型阻害薬)は、血清および頭皮のジヒドロテストステロンを減少させる。一日1.0 mgのフィナステリド投与は男性型脱毛症治療には効果があるが、女性型脱毛症においては効果に欠ける。

目的:
脱毛症を発症している韓国人女性に1日1回1.25 mgのフィナステリドを投与し、その治療効果を評価する。

方法:女性型脱毛症と診断された15名の患者に28週間、1日1回1.25mgのフィナステリドを投与した。治療開始時、開始後4週、8週、12週、20週、そして28週目に、写真撮影、毛髪数と毛髪径の測定、患者、及び医師による主観的評価を行い治療効果を評価した。

結果:フィナステリド投与により毛髪数、及び毛髪径において改善傾向が見られたが、統計的有意差はなかった。28週後、患者の半分以上において、抜け毛の減少を認めた。投与量は適量であり、副作用は報告されなかった。

結論:女性型脱毛症患者に28週間、1日1.25 mgのフィナステリドを投与したところ、有意な毛髪成長は認められなかった。しかし脱毛症の進行は抑制され、毛髪密度は維持されていた。


Cairns_convention_center 学会会場となったCairns Convention Center

脱毛症研究の権威Duke大学皮膚科教授Dr.Olsen(右)と小山 太郎先生(左) 脱毛症研究の権威Duke大学皮膚科教授Dr.Olsen(右)

小山 太郎先生(左)

【関連ページはこちらから】
> 学会活動記録:第5章 6th World Congress for Hair Research(第6回国際毛髪研究学会) 2010年6月


上記文章はFMLの見解に基づくものであり、内容の正確性・完全性・有用性を保証するものではありません。また、その利用に当っては一切の責任を負いかねます。 > サイトポリシーへ

お問い合わせ

当サイトへのお問い合わせを承ります。

お問い合わせ

更新情報
Copyright(C)NPO F.M.L. All Rights Reserved.
RSS RSSについて プライバシーポリシー サイトポリシー