コラム インタビュー

Wnt signaling maintains the hair-inducing activity of the dermal papilla.

表題:
Wnt signaling maintains the hair-inducing activity of the dermal papilla.
Wntシグナルは毛乳頭の毛髪誘導活性を維持する。

著者名:
Kishimoto J, Burgeson RE, Morgan BA.

著者所属:
Cutaneous Biology Research Center, Massachusetts General Hospital and Harvard Medical School, Charlestown, Massachusetts 02129, USA.

発行年数:
2000年5月


The formation of the hair follicle and its cyclical growth, quiescence, and regeneration depend on reciprocal signaling between its epidermal and dermal components. The dermal organizing center, the dermal papilla (DP), regulates development of the epidermal follicle and is dependent on signals from the epidermis for its development and maintenance. GFP specifically expressed in DP cells of a transgenic mouse was used to purify this population and study the signals required to maintain it. We demonstrate that specific Wnts, but not Sonic hedgehog (Shh), maintain anagen-phase gene expression in vitro and hair inductive activity in a skin reconstitution assay.


毛包の形成から成長、休止、再生にいたるヘアサイクルは 、表皮と真皮成分との相互シグナルに依存している。真皮由来である毛乳頭は表皮由来である毛包の発達を制御している。一方で毛乳頭の発達と維持は表皮からのシグナルに依存している。毛乳頭細胞特異的にGFPを発現する遺伝子組み換えマウスから毛乳頭細胞を精製し、細胞の維持に必要なシグナルを検討した。その結果、vitroでの成長期の遺伝子発現や、皮膚再構成アッセイにおける毛髪誘導活性にはSonic hedgehog(Shh)ではなく特定のWntが関与していることが明らかになった。


引用元:
Genes Dev. 2000 May 15;14(10):1181-5.

【関連ページはこちらから】
>インタビュー:Massachusetts総合病院 Dr.Bruce Morganを訪ねて


上記文章はFMLの見解に基づくものであり、内容の正確性・完全性・有用性を保証するものではありません。また、その利用に当っては一切の責任を負いかねます。 > サイトポリシーへ

お問い合わせ

当サイトへのお問い合わせを承ります。

お問い合わせ

更新情報
Copyright(C)NPO F.M.L. All Rights Reserved.
RSS RSSについて プライバシーポリシー サイトポリシー